募金のお願い

 

稽古場存続の為の募金にご協力ください。

 

どろは今年創立51周年を迎えます。

これまで劇団は「どろを支える会」をはじめ、多くの方々のお力添えで今日まで活動を続けてこられました。

 

7年前30年間稽古場だった大開通から移転を余儀なくされ、

新長田の大正筋のビルの1室を借りそこを拠点として活動してきました。

 

ところが、4年前の3月の契約更新の際、いきなり家賃6倍の値上げを告げられました。

 

私たちは高い管理費(月額約11万円)の支払いを条件に、

文化活動ということで神戸市の配慮もあって1万円の家賃を継続していけると思ってきました。

劇団は今回の突然の値上げはとても認められないと交渉してきましたが、

貸主(神戸市の外郭団体第3セクター「まちづくり株式会社」)は頑として聞き入れてくれず、

とうとう2013年暮れ、値上げを求める訴訟を裁判所に起こされました。

 

裁判は約一年半続き、昨年3月原告であるまちづくり会社が訴訟を取り下げました。

値上げの心配は去ったものの大変重い管理費の負担は続いていて、財政は厳しい状況が続いています。

 

劇団どろはこれからも今の稽古場を維持したいと考えています。

そこで、「支える会」と合わせて一昨年から皆様に資金面でのご協力をお願いしてきました。

そうして多くの方から多額の寄金をいただき、稽古場の維持に役立てさせていただきました。

しかし、まだまだ財政は苦しい状況が続いています。

どうかご理解をいただき、可能ならばさらにお力をお貸しいただければ幸いです。

 

稽古場維持、どろ支援カンパ(金額はいくらでも結構です)

振替口座 00950-3-247712  劇団どろまで  

または直接劇団員にお渡しください。

 

劇団どろ 代表 合田幸平